2018年度Front Runner公開講演会

概要


 メディア媒体の多様化は、フェイクニュースをはじめとするメディアの諸問題を深刻化させつつあります。その一方で、受信者側も都合の良い情報のみを選択する傾向があり、SNSを通した無責任な発言が世の中に大きな影響を与える可能性があることは、身をもって感じている方も多いのではないでしょうか。こうした状況下で、メディアと受信者の関係が問い直されており、私達がメディアリテラシーを身に付ける必要性はますます高まっています。
 
 そこで、今年度の公開講演会では、フリーキャスターの橋谷能理子氏をお招きし、報道の現場からみたメディアの実状と我々の情報発信の仕方についてご講演していただきます。

 

 私たち学生が身の回りのメディアについて再認識し、SNSとの付き合い方を考えることは必要不可欠です。情報を送受信する主体としてのあるべき姿を考えてみませんか。

講師


橋谷 能理子氏

1984年 東京女子大学文理学部英米文学科卒業
       テレビ静岡入社
1985年 同局退社
     フリーキャスターとして活動
            「ニュースステーション」のキャスター、

     リポーターを担当

1989年 「サンデーモーニング」キャスター(~現在)
2006年 日本語教育能力試験に合格
2016年 前期・立教大学兼任講師として

     「キャスターが教える"伝える力"」というテーマ

             で教鞭を執る

                                       2017年  前期・コミュニケーション講師として専修大学           

                   で、後期・非常勤講師として東京女子大で教鞭を

                                                    とる

             2018年  前期・立教大学で、後期・東京女子大学で教鞭を

                                                    とる

講演内容


・橋谷様のご経験(メディア業界での印象深いご体験、日本語講師を志されたきっかけ)

・現場取材が報道になるまで(現状を的確に伝えるために)

・報道のあるべき姿と現状(橋谷氏にとって理想的な報道と受信者の態度、報道の現状)

・伝え方の工夫(キャスターとして意識されていること)

・次世代社会を担う学生へのメッセージ

日付・時間


日付:2018年11月12日(月)

時間:17:30開場 18:15開会 20:00閉会 

申し込み


【申し込みフォーム】

申し込みフォームはこちら

 

※申し込みは、慶應義塾大学の塾生、教職員に限らせていただきます。

※定員(先着400名)に達し次第、申し込みを終了させていただきます。

※参加は、完全無料です。

アクセス


場所慶應義塾大学日吉キャンパス第6校舎614教室

 

最寄駅東急東横線日吉駅より徒歩3分

           グリーンライン日吉駅より徒歩3分

コンタクト


【主催団体】

Front Runner

【設立目的】 

将来社会を担うものとして広く見識を深め、社会の発展に寄与する先導者を選出する。

【Vision】

Create the next society!

【Mission】

学生と社会をつなぐ 

未来の先導者を輩出する

【活動内容】 

「日本のこれから」というテーマのもと、勉強会で扱うテーマをメンバー間で学習する事前学習、社会人の方をお招きしての勉強会、ディベートやプレゼンテーションなどを通して学習してきた内容を振り返るリフレクション、普段なら行くことのできない社会の現場に赴くフィールドワーク、この4つを柱として活動しています。

 

最新情報


FR公開講演会Twitter:@FR_keio_open

お問い合わせ


FR公式gmailアドレス:front.runner.keio@gmail.com